使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 驚きの価格が実現 90cm×190cm 全5色 タオルケット シングル ベッドシーツ ベッドタオル 業務用タオル 大判タオル 美容室 エステサロン 無地 エコ ブランケット エステタオル E-3-7-3 エステ用品 ひざ掛け タオルシーツ,ブランケット,タオルケット,エステタオル,[,シングル,【,無地,使い勝手にこだわった,美容室,/guide/,ベッドシーツ,大判タオル,panis.jp,エステサロン,全5色,1124円,90cm×190cm,E-3-7-3,][,綿,業務用タオル,タオルシーツ,ベッドタオル,エコ,】,速乾性,100%,1440匁,エステ用品,インテリア・寝具・収納 , 寝具 , タオルケット,],ひざ掛け,吸水性 タオルシーツ,ブランケット,タオルケット,エステタオル,[,シングル,【,無地,使い勝手にこだわった,美容室,/guide/,ベッドシーツ,大判タオル,panis.jp,エステサロン,全5色,1124円,90cm×190cm,E-3-7-3,][,綿,業務用タオル,タオルシーツ,ベッドタオル,エコ,】,速乾性,100%,1440匁,エステ用品,インテリア・寝具・収納 , 寝具 , タオルケット,],ひざ掛け,吸水性 1124円 【 使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 】 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 90cm×190cm 全5色 [ タオルケット タオルシーツ シングル ベッドシーツ ベッドタオル ブランケット ひざ掛け 美容室 エステタオル 業務用タオル 大判タオル エステサロン エコ 無地 エステ用品 ][ E-3-7-3 ] インテリア・寝具・収納 寝具 タオルケット 1124円 【 使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 】 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 90cm×190cm 全5色 [ タオルケット タオルシーツ シングル ベッドシーツ ベッドタオル ブランケット ひざ掛け 美容室 エステタオル 業務用タオル 大判タオル エステサロン エコ 無地 エステ用品 ][ E-3-7-3 ] インテリア・寝具・収納 寝具 タオルケット 使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 驚きの価格が実現 90cm×190cm 全5色 タオルケット シングル ベッドシーツ ベッドタオル 業務用タオル 大判タオル 美容室 エステサロン 無地 エコ ブランケット エステタオル E-3-7-3 エステ用品 ひざ掛け

使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 驚きの価格が実現 90cm×190cm 全5色 タオルケット シングル ベッドシーツ ベッドタオル 業務用タオル 大判タオル 美容室 エステサロン 無地 エコ ブランケット エステタオル E-3-7-3 エステ用品 メーカー再生品 ひざ掛け

【 使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 】 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 90cm×190cm 全5色 [ タオルケット タオルシーツ シングル ベッドシーツ ベッドタオル ブランケット ひざ掛け 美容室 エステタオル 業務用タオル 大判タオル エステサロン エコ 無地 エステ用品 ][ E-3-7-3 ]

1124円

【 使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 】 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 90cm×190cm 全5色 [ タオルケット タオルシーツ シングル ベッドシーツ ベッドタオル ブランケット ひざ掛け 美容室 エステタオル 業務用タオル 大判タオル エステサロン エコ 無地 エステ用品 ][ E-3-7-3 ]















■ 商品詳細
商品名エコタオルシーツ 綿 100%(1440匁) 90cm×190cm 全5色
商品番号34388-set
モカ(34388)、ピスタチオ(セージ 34391)、ヘーゼル(サンド 34389)、オレンジベージュ(ベージュ 34390)、フラミンゴ(ローズ 34392)
特徴コットン100% 使い勝手にこだわった薄手のタオルシーツ
商品説明タオルを大量に使用するサロン様におすすめの薄手のタオルシーツです。コットン100%の極細撚糸を使用しているので、速乾性が高く、洗濯後も早く乾きやすいです。洗濯をくり返してもほつれにくいように、丁寧なヘム加工を施しました。
数量1枚
仕様■サイズ:90×190cm
■素材:綿100%
使用方法-
注意事項●商品について:
・写真のイメージと実物とは色、模様など多少異なる場合がございます。
・入荷時期により、商品の仕様(デザイン、サイズ、カラー、素材、表記など)が変更する場合があります。
・商品により仕様(デザイン、サイズ、カラーなど)に多少のバラツキがある場合がございます。
●ご使用について:
・新しいタオルは必ず他の物とは別にして、たっぷりの水で水洗いをしてから天日干しをしてからの使用をおすすめします。(製造上の工程で細かい毛羽が含まれている可能性がございます)
・何度かお洗濯を繰り返すうちに毛羽落ちが軽減されます。
・柔軟剤のご使用は毛羽落ちがなくならない原因になりますので、必ず、毛羽落ちがおさまってから指定量を守ってご使用下さい。
・乾燥機の長時間のご使用はタオルを痛め、毛羽落ちや縮みの原因になりますのでご注意下さい。
・塩素系漂白剤は使用しないで下さい。・濃い色の物は色移りする場合がありますので、単独でお洗濯下さい。
・洗濯する際は洗濯ネットに入れて行ってください。
●返品/交換について:
・不良品、欠品につきましては商品到着後、1週間以内にご連絡ください。
・お客様のご都合による返品、交換はできません。
製造国/原産国ベトナム製
ブランド-
メーカー(発売元/製造元)SEVEN BEAUTY 株式会社/ETBELLA (エトゥベラ)
広告文責SEVEN BEAUTY株式会社
TEL:03-5812-3488
-
区分消耗品

【 使い勝手にこだわった 速乾性 吸水性 】 タオルシーツ 綿 100% 1440匁 90cm×190cm 全5色 [ タオルケット タオルシーツ シングル ベッドシーツ ベッドタオル ブランケット ひざ掛け 美容室 エステタオル 業務用タオル 大判タオル エステサロン エコ 無地 エステ用品 ][ E-3-7-3 ]

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
  • こころ
  • くらし
  • イラスト
  • エッセイ

18. 今沢さんのことば

よりみち日記2
道草晴子
  • まなぶ
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

岡ノ谷研究室を作る

おかぽん先生青春記
岡ノ谷一夫
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

1.客、お客さん、お客様

お客さん物語
稲田俊輔
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第9回 アメリカはなぜ「美しい国」なのか

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

13.結果オーライ!

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
ジェーン・スー
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第6回 分断の終息、そして封印へ(最終回)

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

税込みと税抜き、どちらになさいますか?

村井さんちの生活
村井理子
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

なぜ親鸞は、人気なのか?

碧海寿広『考える親鸞 「私は間違っている」から始まる思想』試し読み
碧海寿広
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第5回 風馬翔(後篇) この人生で、踊りを愛し抜きたい。……

私、元タカラジェンヌです。
早花まこ
  • くらし
  • こころ
  • ルポ

第5回 風馬翔(前篇) 踊りは生き様――誰かの心を動かす……

私、元タカラジェンヌです。
早花まこ
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

27. カンボジアの若者のためになるならば……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
小谷みどり
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

第5回 「襲撃すれば英雄になれる!」空気に支配された邦人……

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕

MAIL MAGAZINE

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング

「考える人」から生まれた本